メリット・デメリット

シリコンシャンプーは髪の表面をコーティングするため、シャンプーに続いて使用するトリートメントなどに配合されている栄養が浸透しにくいのですが、ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていないため、髪にトリートメントなどに含まれている栄養がよく行き届きます。また、シリコンシャンプーは髪の根もと・地肌を塞いでしまう原因になります。この問題によっても栄養がうまく届かず、髪が細く弱くなってしまう原因になることがあります。頭皮の詰まりは頭や髪がベトつくだけでなく、髪が抜けたり、フケやフケによるかゆみが出たり、嫌なニオイがしたりと、さまざまなトラブルを招く原因にもなります。ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないため、こうしたトラブルを招きにくくなるという効果を期待することができます

しかし、シリコンシャンプーはシャンプーだけではノンシリコンシャンプーのように表面をコーティングしないため、熱や紫外線によるダメージに対して弱くなってしまいます。また、シャンプーだけでは洗いあがりの髪がきしきししやすいという問題もあります。したがって、シャンプー以外のヘアケアを行なうことが大切です。そのほか、価格が若干高めであることも、ノンシリコンシャンプーの特徴のひとつといえます。

商品の選び方

ノンシリコンと謳っている商品でも、○○メチコン、○○シロキサン、○○シリル○○、○○シラン○○といった具合に、シリコンと共通の機能を有する化学物質が配合されている商品がある点に注意が必要です。髪の傷みをひどくしてしまったり、地肌を塞いでしまったりするリスクがあります。

また、ラウレス○○、○○硫酸という言葉が、成分表示に記載されている商品にも注意が必要です。ラウレスや硫酸という言葉の付いている成分は、洗浄力に優れています。このようにいわれると汚れや皮脂がよく落ちていいのではないかと思う人もいるでしょうが、洗浄力が強すぎて髪に必要な栄養を奪ってしまい、頭皮のうるおいに必要な皮脂まで取り除いてしまい、皮脂の過剰分泌による詰まりなどのトラブルを招く原因になります。ほどよい洗浄力で、保湿成分が配合されていて、髪の補修効果に優れているのはアミノ酸系シャンプーです。ココイル○○、○○ベタイン、ココアンホ○○と記載されていれば、アミノ酸系洗浄成分が配合されていることを意味しています。

そのほか、シャンプーだけノンシリコンでも、続いて使用するコンディショナーなどが違っていれば、十分な効果を得ることができません。一緒に使用するコンディショナーなども、髪や頭皮に対してよい商品を選択することが大切です。